utoybox

青年海外協力隊・南アフリカ・カメラ・登山を中心に書きたいことを書いているブログ

MENU

南アフリカ共和国の電気周りについて

f:id:ukeyt:20180306061759j:plain

先日、住んでいる家の電気代を支払ってきました。その方法をまとめていましたが、せっかくなので電気周りに範囲を広げてまとめてみます。

(先週末に行ってきた同僚の家があるVendaの写真を多く使用してます)

 

[:contents] 

電気プラグ

f:id:ukeyt:20180307045315j:plain

いつもと違う職場からの景色。山に囲まれている。

南アの電気プラグは2種類あります。
1つは丸いピンが三角形のように並んでいるタイプ。もう1つが丸いピンが横に2つ並んでいるタイプです。個人的には前者が多い印象。2ピンの差込口は6角形タイプのものと円形タイプのものがあり、地味に使いにくいと思っています。延長コードは様々なタイプがありますが、大抵下の写真のように両方のプラグに合うようになっています。

f:id:ukeyt:20180308045903j:plain

日本の家電を使用する場合は、まず丸2ピンに変換し、そのまま使用するか丸3ピンに変換してから使用します。丸2ピン→丸3ピンの変換プラグは日本で売ってないらしく、南アフリカで購入しました。約450円で購入出来ます。

家電

f:id:ukeyt:20180308045736j:plain

同僚の家は山の上。大雨の影響で道が壊れてしまった。

南アフリカでは生活に必要な家電はほとんど現地調達が可能です。私はこちらで、電気ケトル、電気コンロ、冷蔵庫を購入しました。ただし電圧は240V、50Hzになるとのこと。日本から持参したものを使用する場合は変圧器が必要になります。

電気代の支払い

f:id:ukeyt:20180307045757j:plain

動物が横切るのは日常風景。ハザードで後ろの車に知らせる。

電気代の支払いは、毎月請求書が送られてくるとのこと。日本と変わりません。
私が住む地方ではそれとは異なり、プリペイド方式になっています。家にこのようなメーターが設置されており、この数字が電気の残量(kwh)を表します。

f:id:ukeyt:20180306061751j:plain

試していませんが、数値が0になると電気が止められます。その前に電気代を支払う必要があります。

メモ:kWhとは
消費電力(kW) × 時間(h)で求められる消費電力量のこと。
例えば、600Wのレンジで1分間(1/60時間)チンしたら、消費電力量は10Wh(0.01kWh)

さて支払いの方法ですが、メーターに記載されている番号を控えて支払い可能なお店へ行きます。
そこで、
1. 店員にその番号を伝える
2. いくら支払うか聞かれるので
3. 適当に支払う(基準が分からなかったので1800円程度)と
4. レシートをもらえます

f:id:ukeyt:20180306061754j:plain

このレシートにはシリアル番号が記載されているので大事に持って帰ります。
先程のメーターにシリアル番号を入力すると認証が始まります。
ボロ屋なのに電気会社に管理されていることに驚きです。少し手間はありますが、支払いの仕組みもよく出来てると思います。

認証に成功すると、残量がチャージされました!

f:id:ukeyt:20180306061801j:plain

 

電気の使用感

f:id:ukeyt:20180308050951j:plain

庭に植えてあった植物。南国チック?

この家に来た時のメーターは2500kwh程度でした。
そこから
- 電灯(1日5時間程度)
- PCやスマホのチャージ
- ケトル
- 電気コンロ
- 工事用工具の使用
- 冷蔵庫の使用(1週間程度)
などで1ヶ月間生活することが出来ました。

今回のチャージで16000kwhチャージすることが出来ました。5ヶ月ぐらいは問題無さそうかな?つまり、1ヶ月あたり約360円で電気が使用できる!今のところ停電もないし電気周りは満足してます。

まとめ

f:id:ukeyt:20180308051757j:plain

マーケットには果物が並ぶ。付近のバナナ農園は白人が経営し、黒人が労働する。

家電の使用については慣れてしまえば日本の生活とほとんど変わりません。丸3ピンが大きくて邪魔だなと感じる程度です。電気代のプリペイドはチャージが切れない限りは不便は感じなさそうです。数ヶ月分を1回で支払うことができるのでむしろ手間が減っているかもですね。あとは継続的に供給されることを願うだけです。 

今日の1枚

f:id:ukeyt:20180308050917j:plain

家の裏庭から撮影。ずっと見たいと思っていた南十字星はいまだにわかっていない。