utoybox

青年海外協力隊・南アフリカ・カメラ・登山を中心に書きたいことを書いているブログ

MENU

南アフリカ共和国に派遣され半月経ちました2

f:id:ukeyt:20180127171055j:plain


前回南アフリカに到着し1日目に行ったことを書きました。じゃあ荷物等を買い揃えていよいよ任地に出発...とはなりません。任国に派遣されたら1ヶ月程度の現地訓練を行います。今回はその現地訓練について書いていきます。

1. 各種オリエンテーション

f:id:ukeyt:20180127171037j:plain


オリエンテーションはJICAの事務所で行われます。オリエンテーションでは、

安全に関すること
健康に関すること
事業に関すること 

をしっかりと学びます。派遣前訓練でも似たような講座を受けましたが、南アに特化しているという点で大きく異なります。

例えば、1994年の新政府の誕生、アパルトヘイト解体より20年以上経過していますが、治安状況は当時よりも悪化しています。そのため、首都プレトリアでの徒歩移動は原則禁止され、近場の移動であってもタクシー、Uberを利用することになります。

徒歩移動は原則禁止されていますが、安全対策アドバイザーの方と街を歩く機会がありました。写真はその時に撮影したもので、南アの雰囲気をなんとなーく感じることができました。ちなみに撮影はiPhoneでしたが、街でもiPhoneを使っている人は多数いたため、出していても問題ありませんでした。が、油断は禁物。

f:id:ukeyt:20180127181132j:plain

プレトリア

f:id:ukeyt:20180127175115j:plain

駅構内の様子

f:id:ukeyt:20180127180740j:plain

駅近の公園(入れてもらえなかった)

f:id:ukeyt:20180127185307j:plain

普通の道

2. 語学訓練 

f:id:ukeyt:20180127181200j:plain


平日は語学学校に通います。最初に実力テスト(Writing,Listening)を受け、その結果でクラス分けされます。私のクラスは20人近くの生徒がおり、みんなで文法を学びます。

生徒はアフリカ各地から集まっており、イスラエル、トルコ、ガボンコンゴ等様々な国の人がいます。聞いた話によると、このように英語を学べる学校は南アフリカにしかないらしく、わざわざ通いに来ているとのことです。彼らは英語がペラペラなので何故わざわざ通いに来ているのかが疑問です。

3. スタディートリップ

f:id:ukeyt:20180127184414j:plain


任国によってはスタディートリッププログラムが組み込まれています。これは自分の任地でホームステイを行い、生活の様子や仕事の雰囲気を見てくる為のものです。私たちは3泊4日で行いましたが、期間も任地によりけりとの噂。
どうせ1ヶ月後に赴任されるのに必要ある?と思ってましたが意外と重要。

スタディートリップの様子は次の記事で簡単に紹介します。
つづく。

今日の1枚

f:id:ukeyt:20180127183803j:plain

夜の東京駅。日本に興味があると言ったアンゴラ出身の子に見せたが、あんまり興味を持ってもらえなかった。