utoybox

青年海外協力隊・南アフリカ・カメラ・登山を中心に書きたいことを書いているブログ

MENU

【今更】RSSリーダーって何?基本的な使い方を説明します!

f:id:ukeyt:20171224184825j:plain

 気になるブログやニュースサイトを見つけた時、それを「お気に入り」とか「ブックマーク」に登録して済ませていませんか?
時々対象のブログにアクセスして、更新されているかどうか確認する。
それってすごく非効率ですよね。

だって、
・対象のブログが更新されているか分からないし、
・更新されたタイミングで読みたいと思ってもそんなの分からないし、
・読みたいブログがたくさんあったら全部見て回るのは大変だし、
・そもそもブックマークから探すのも面倒だし...

これらをまるっと解決してくれるのがRSSリーダーです。
なんとなく小難しそうに感じるかもしれませんが、最初だけです。
この記事ではRSSリーダーの基本的な使い方を説明します。


RSSとは?

f:id:ukeyt:20171224185358j:plain

RSS(バージョンによってRich Site Summary, RDF Site Summary, Really Simple Syndication)は、ニュースやブログなど各種のウェブサイトの更新情報を配信するための文書フォーマットの総称である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/RSS

 
よく分かりませんね。
Webサイトの新しい情報を配信する技術だと思ってください。
RSSリーダーを使用することで、その最新情報を自動的に取得することができます。
図にするとこんな感じ。

f:id:ukeyt:20171224191406j:plain


RSSリーダーができること

f:id:ukeyt:20171224191938j:plain

自分の気になるブログやニュースサイトの最新情報を、まとめてチェックできるようになります。

なので
・対象のブログの更新をいちいち確認せずに済み、
・更新されたらすぐに読むことができ
・読みたいブログをまるっと管理することができる!
と、便利なことづくめです。

調べた限り、読者側にデメリットはありませんでした。
強いて言うなら、慣れるまでに少し(本当に少し)時間がかかるかな、という程度です。


RSSリーダーfeedly」の使い方

f:id:ukeyt:20171224192504j:plain

有名なRSSリーダーとして、「feedly」や「InoReader」などがあります。

feedly.com

www.inoreader.com


今回はfeedlyの使い方を説明します。
とても簡単で、ログインしてお気に入りのWebサイトを登録するだけです。

1. feedlyにアクセス
2. 「GET STARTED FOR FREE」をクリック

f:id:ukeyt:20171224193909p:plain

3. ログインする

f:id:ukeyt:20171224193940p:plain

画像にある通り、GoogleFacebookTwitter等のアカウントを使ってログインすることができます。もしこれらのアカウントを使いたくない場合は、feedlyのアカウントを新規に作成することができます。

4. 登録したいWebサイトのURLを貼り付ける

f:id:ukeyt:20171224195128p:plain

RSSが有効になっているサイトであれば結果が表示されます。
検索結果が複数表示される場合があるので、自分の登録したいものを選択しましょう。

5.  「FOLLOW」をクリックして「+ NEW FEED」をクリックする

f:id:ukeyt:20171224195913p:plain

6. 登録する名前を入力して「CREATE」をクリックする

f:id:ukeyt:20171224200854p:plain

Suggestionにオススメの名前が表示されているので、そこから選んで名前を決めることもできます。

成功すると、登録したWebページの最新記事を一覧で確認することができるようになります。

f:id:ukeyt:20171224201353p:plain

 

まとめ

f:id:ukeyt:20171224201845j:plain

ぼくがよく使用するRSSリーダーの基本的な使い方を紹介しました。
慣れてくると非常に便利です。
今回紹介した「feedly」はスマホ用のアプリもあるので、そちらも試してみるといいと思います。


今日の1枚

f:id:ukeyt:20171224202354j:plain

先日登った高尾山の1号路。
平日は空いていて登りやすかった。
12月後半にもかかわらず紅葉を見ることができた。

 

※今回使用した写真の一部はフリー素材サイト「ぱくたそ」からお借りしました。