utoybox

青年海外協力隊・南アフリカ・カメラ・登山を中心に書きたいことを書いているブログ

MENU

派遣前訓練1日目を終えた感想と、あと69日を過ごす上での目標

青年海外協力隊2017年度3次隊の派遣前訓練が始まりました。
本日(10/5)より70日間、語学であったりボランティアに関する講座であったりが行われます。

 

初日に行った主なことは下記の通り。

・自室づくり(荷物整理)
 部屋が1人1部屋与えられます。
 持ち込んだ荷物、事前に送った荷物で我城を築きます。
 また前の隊次の残したもの(ハンガーやシャンプー等々)を早い者勝ちで受け取る(漁る)ことができます。

オリエンテーション
 訓練中に所属する委員会や健康管理、語学学習に関する説明を受けました。
 また施設でお世話になるスタッフの方々の紹介がありました。

・班ミーティング/委員会顔合わせ
 自分の所属する生活班のメンバーとの顔合わせ、自己紹介をしました。
 その生活班の中から各委員を選出します。

 委員会には、「班長」「講座委員」「体育委員」「ラジオ委員」などがあり、全員がなにかしらに所属するわけではありません。私はラジオ委員になりました。
 ラジオ委員についてはまたいつか紹介していきたいと思っています。

 

移動や説明の多さに疲れた顔をしている人がたくさんいた印象でした。
(施設内は広く、まだ目的の場所がどこにあるかわからないので移動が大変)

そんなこんなでなんとか初日を終えましたが、
所長の挨拶で出てきた"挑戦する"という言葉が印象に残りました。
「受け身」で訓練を行うのと「積極的」に訓練を受けるのとでは得られるものの差が全然違います。
語学で精一杯だから、なるべく面倒なことを避けようとか考えていましたが、"挑戦"するために自分の首を絞めようと思います。

残りの69日を積極的に過ごすために目標を3つ立てました。

 

①今回の参加者全員と関わる
②イベントには積極的に参加・自分もイベントを開催する側になる
③語学レベル4を目指す(語学の自己評価基準があります)


詳細は書きません。
勢いで書いた雑記なので、後々見返して恥ずかしくなると思います。
でも今はそれでいいのです。